AGA治療について

薬剤先程も述べたようにAGAを治療してくれるクリニックはとてもたくさんあるので、AGAを発症している方の中にはクリニックなどを利用してAGA治療を受けてみようと思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
AGA治療を受ける前にどのような治療が行われているのかを事前に知っておくと参考になることもあります。AGAの治療の一つに薬剤の治療があります

例えばプロペシアです。これは日本国内の処方箋医療薬として認可されている薬剤になります。
従来においてプロペシアは前立腺の患者の治療薬として使われてきました。しかし、近年においてはAGA治療に効果があるということがわかり、AGAでも使用されるようになっています。
プロペシアはジヒドロステンの分泌を抑えることができます。これにより皮脂線の活動を抑制できるので、脱毛を防ぐ効果があるのです。

その他にはミノキシジルがあります。ミノキシジルは日本において第一医薬品として認可を受けている薬剤になります。従来においては高血圧の患者さんを対象としていましたが、現在ではAGAの治療を目的として使用されています。
また治療薬以外にも、頭皮の血流を改善し血流増加をしたり、毛根を活性化させる栄養成分を注射する方法もあります。こちらは医療行為ですので、クリニックなどで対応している方法です。

日本でもこのようにたくさんの治療薬や治療法があり、幅広い方が治療を受けやすい環境が整っているのです。


<<関連記事>>

  1. AGAの原因
  2. AGAの症状

AGAの原因 

AGAの原因は複数あるとされていますが、原因の一つとして挙げられるのが生活習慣です。AGAを発症している方で生活習慣が乱れている方もいるのではないでしょうか。
例えば食事です。普段から脂っこいものばかりを食べていると身体に必要な栄養を摂取することができないので、栄養が不足してしまいます。当然ではありますが髪の毛が生えるためには栄養が必要になるので、生えにくくなり薄毛になってしまうこともあるのです。

また、ストレスも原因の一つであるとされています。日本においてはストレスを抱えている方はとてもたくさんいるので、ストレスと上手く付き合って生活することが求められるでしょう。ストレスが身体の中に蓄積すると自律神経が乱れてしまうので、髪の毛にも悪影響を与えるとされているのです。残業が続き、一日8時間以上の睡眠を取ることができない方も多くいるのではないでしょうか。

良質な睡眠
睡眠は人間が健康的に暮らすための重要な要素になります。それは髪の毛も同様になります。髪の毛が一番伸びる時は人が睡眠を取っている時になります。睡眠時間が少なければ伸びる時間が少なくなるので、髪の毛が生えにくくなってしまいます。

このように薄毛の原因には生活習慣があるので、思い当たる方は改善されてみてはいかがでしょうか。


<<関連記事>>

  1. AGAの症状
  2. AGA治療について

AGAの症状  

AGAとは男性型脱毛症のことになります。思春期以降から発症し、進行するものなので一度この症状を発症すると薄毛が進行することになります。脱毛症は病気ですので治療が出来ます

AGAは思春期以降の男性に現れる、脱毛症でれっきとした病気です。
ですのでAGAは専門医院で治療することが可能なのです。

日本でもAGAに悩まれている方はとても多くいるので、現在では様々な治療方法などが開発されています。また、専門のクリニックなどもあるので、症状を改善することができる確率が高くなっているのです。AGAの症状にはどのようなものがあるのでしょうか。

脱毛症例えば前頭部から薄毛になっていく症状があります。症状が軽い場合は前髪で額の部分を隠すことができますが、薄毛がさらに進行すると風や雨などで髪の毛が乱れてしまうと症状が目立つことも少なくありません。

その他の症状には後頭部から薄毛になっていくものがあります。つむじの部分から徐々に薄毛が進行するため、自分で気づくにくく人から指摘を受けた時に初めて気づかれる方もいます。
前頭部から薄毛が進行するよりも隠しにくいため、他の髪の毛でカバーすることが難しくなっています。前頭部と後頭部の同時進行で薄毛が進行するAGAの症状もあります。この症状の方は髪の毛が不自然になるので、比較的気付きやすくなります。

上記の症状においては男性が多いAGAの症状になりますが、女性の方にも現れる症状には髪の毛全体が徐々に薄くなる症状もあります。女性に多い症状ですが男性でも発症することがあります。このようにAGAと一言で言っても様々な症状のタイプがあります。今回は症状の他に、AGAの原因やAGA治療について紹介します。


<<関連記事>>

  1. AGAの原因
  2. AGA治療について